スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<若林議員辞職>「なぜ押したのか」 首ひねる閣僚たち(毎日新聞)

 自民党の若林正俊元農相が参院本会議で隣席の投票ボタンを代わりに押したとして議員辞職願を提出したことについて、閣僚から若林氏への批判が相次いだ。枝野幸男行政刷新担当相は2日午前の閣議後会見で「ご本人は軽い気持ちだったかもしれないが、国会議員が本会議で採決で賛否を表し、その数で法律が通ったり通らなかったりするわけだから、大変重たい話だ」と指摘した。

 福島瑞穂消費者・少子化担当相は「大変びっくりした。国会議員は国民から選ばれ、一人一人が国民の代表者として採決に加わる。(採決を)代替できないのは当たり前ではないか。なぜそういうことをされたのか、謎というかまったく分からない」と首をひねった。

 平野博文官房長官は「初めての案件で驚いている。なんとも言い難い」と言葉をにごした。

【関連ニュース】
<関連記事>若林元農相:参院採決で「代理投票」…民主が懲罰動議
<関連記事>若林元農相:議員辞職 参院本会議決定

小学教科書、理算3割増=さらに厚く、ゆとり脱却-新指導要領に対応・文科省検定(時事通信)
【ゆうゆうLife】病と生きる 金哲彦さん(46)(産経新聞)
医療政策の転換が必要―医療ツーリズムで開原氏(医療介護CBニュース)
住宅全焼、1人死亡=18歳女性か、2人けが-東京(時事通信)
「レジ、オープン」英語講師、コンビニ強盗容疑で逮捕 (産経新聞)

<天気>近畿、冷え込む 金閣寺も雪化粧 (毎日新聞)

 近畿は30日朝、1月下旬~2月上旬並みの冷え込みとなった。奈良市で氷点下1.4度になったほか、各地の最低気温は、京都市0.6度▽大阪市2.4度▽神戸市1.6度--まで下がった。

 大阪管区気象台によると、28日ごろから続いた冬型の気圧配置で強い寒気が流れ込んだことに加え、晴れたことで地表付近の気温が上空より低くなる放射冷却現象が起きたためという。30日朝からは高気圧が張り出しており、31日には寒さが緩む見通しという。

 雪がちらついた地域も多く、京都市北区の金閣寺では季節はずれの雪化粧となった。【林田七恵】

【関連ニュース】
気象庁:天気予報サービスでトラブル
座礁船:岸に接近、自力脱出困難に 北海道石狩湾
チリ津波:気象庁の対応、「適切」6割 東大地震研調査
天気:宮古で氷点下20.3度…各地で2月並み寒さ
雲仙火砕流:焼けたカメラ、記念館で公開

<名古屋市議会>報酬維持を強調…議長「民意聞き基準に」(毎日新聞)
訃報 大森実さん88歳=ボーン・上田賞のジャーナリスト(毎日新聞)
<東大>2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気(毎日新聞)
【新・関西笑談】「経済」を語ろう。(3)俳優 國村隼さん(産経新聞)
東大 2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気(毎日新聞)

東九州道工事 橋に亀裂、造り直し 強度計算ミスか(毎日新聞)

 宮崎県日南市で建設中の東九州自動車道「広渡川2号橋」(仮称)で多数のひび割れが見つかり、国土交通省は、橋を取り壊して造り直す方針を決めた。工事は昨年4月以来、中断しており、工事を請け負う準大手ゼネコン「ハザマ」が自社負担で撤去・再構築を提案し、国交省は了承した。橋は主要部分を取り壊して工事をやり直す異例の事態となる。

 橋は国の直轄事業で、08年9月着工。全長265メートル。総工費10億円で工事進ちょく率は6割。広渡川にかかる橋はつながってはいない。今年2月に完成予定だったが、昨年4月、右岸側の橋げた部分(115メートル)に多数のひび割れが見つかった。完成まで橋を支える「仮支柱」に橋げたが約6センチ沈み込んでゆがみが発生したためとされ、ひびは目視できるだけで数十カ所に生じ、最大で長さ約10メートル。「ヘアークラック」と呼ばれる微細なひびは無数にあるとみられ、設計業者が強度計算を誤ったとされる。

 国交省は昨夏、有識者による技術検討会議を設置し対策を検討してきた。ハザマは部分的な造り直しやひびに樹脂を充てんして補強する案を示したが、検討会議は今月、長期的な耐久性を懸念する報告書をまとめた。

 検討会議は、自動車の重みに長期間耐えられるか、との観点で8回の会議を通じてハザマの補修案の妥当性を検討。報告書は「橋すべてを取り壊す必要はない」としながらも、「ひび割れ損傷の前例がなく、長期的な耐久性にどう影響するか分からない」と、完成後もたわみなどの監視が必要と指摘した。

 報告を受けて国交省は「十数年先の信頼性が担保できない」としてハザマの補修案の受け入れを拒否したが、協議の結果、ハザマが造り直しを提案したという。国交省宮崎河川国道事務所の伊藤高所長は「ハザマの提案を検討している」と話している。【石田宗久、種市房子、位川一郎】

【関連ニュース】
西九州道:佐世保みなと-相浦中里間が開通 「通り初め」で祝う /長崎
東九州道:広渡川2号橋 間組の補修方法、耐久性を疑問視 検討会議最終報告 /宮崎
西九州道:佐世保みなと-相浦中里の7.9キロ、20日開通 /長崎
東九州道:「広渡川2号橋」損壊 建設工法は未定 /宮崎
交通事故:九州道で5件 八幡-若宮間、2時間通行止め--福岡

埼京線と湘南新宿ラインで架線トラブル 乗客2千人が車内に閉じ込め(産経新聞)
埼京線の一部が運転再開、山手線内回りなど運転見合わせ続く(産経新聞)
小沢氏、生方氏の解任を撤回 「もう一度補佐してほしい」(産経新聞)
B型肝炎訴訟、7地裁に追加提訴―原告患者409人に(医療介護CBニュース)
大阪・松原市、し尿も“ヤミ処分” 年間80トン「処理業者見つからず」(産経新聞)

<反貧困フェスタ>本紙記者に貧困ジャーナリズム賞(毎日新聞)

 貧困撲滅を目指す「反貧困フェスタ2010inみやぎ」(実行委、仙台弁護士会など主催)が20日、仙台市青葉区の仙台弁護士会館であった。08年に始まり、東京以外の開催は初めて。約440人が参加し、反貧困ネットワークの湯浅誠事務局長が基調講演。失業者への無料法律相談のほか、衣類や軽食を提供した。

 3回目となる貧困ジャーナリズム大賞が沖縄タイムスの与那嶺一枝記者(ホームレスの人間模様を描いた長期連載「生きるの譜」)に、貧困ジャーナリズム賞が毎日新聞東京本社の3記者(無料低額宿泊所に関する一連の報道)にそれぞれ贈られた。

【関連ニュース】
内閣府参与:湯浅誠氏が辞任 「一区切りがついた」として
国民健康保険:軽減後の収入ごとの保険料試算公表 厚労相
完全失業率:4.9% 0.3ポイント改善 1月
雇用:各党が政権公約に
雑誌:「ホームレスと社会」創刊 明石書店

衆院外務委員会参考人質疑(斉藤邦彦元外務事務次官意見陳述)(産経新聞)
<点字ブロック>発祥地・岡山市に記念モニュメントが完成(毎日新聞)
「いつか捕まる」ひき逃げ容疑で会社員を逮捕(産経新聞)
衆院外務委員会参考人質疑(服部良一議員)(産経新聞)
<就活>強引な勧誘で東京都がセミナー事業会社に是正勧告 (毎日新聞)

雑記帳 松阪牛VS輸入肉 香り豊かなのは?(毎日新聞)

 和牛と輸入肉の香りを比べる会が23日、三重県松阪市であった。松阪牛協議会の畜産農家の約60人が松阪肉と豪州産輸入肉を食べ比べ、松阪肉に独特の香りがあることを確認した。

 同協議会から肉の分析を引き受けている日本獣医生命科学大(東京都武蔵野市)の松石昌典教授が「和牛には甘くて脂っぽいコクのある香りがあり、肉のうまさを引き立てる」と説明。その後、塩味だけのしゃぶしゃぶで香りを実感した。

 比べた結果、輸入肉はほとんど香りがなかったという。和牛最高峰に君臨する松阪肉。生産者によると「たっぷりと注ぐ愛情」が香りのもと。【橋本明】

【関連ニュース】
矢口真里:「棚からぼた餅」と興奮 「しゃぶしゃぶ温野菜」六本木店をプロデュース
食卓の一品:豚肉と水菜のショウガ鍋
ダイニングがむしゃら /滋賀

強盗殺人の被告に無期懲役求刑…長野地裁(読売新聞)
財政再建目標、法案化も=中期フレームと同時並行で-菅財務相(時事通信)
阿久根市長、一般質問を2日続けてボイコット(読売新聞)
<日米密約>「破棄」文書、外務省が調査へ(毎日新聞)
<自民党>大島幹事長が平沼氏と会談(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。