スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグロ初競り、最高値は1キロ7万円 築地市場(産経新聞)

 日本の台所、東京都中央区の築地市場で5日早朝、今年初の取引となるマグロの初競りが行われた。最高値は1キロ当たり7万円の青森県大間産のクロマグロで1本約1628万円(232・6キロ)。1本の価格では過去10年間で最高値だった平成13年の大間産クロマグロの2020万円(1キロ当たり10万円、202キロ)に次ぐ高値となった。昨年に引き続き、香港の飲食店チェーンと東京・銀座の老舗すし店「久兵衛」が共同購入した。

  【写真で見る】松方弘樹が釣り上げた325キロの特大マグロ

 競り場では、国内産や海外から空輸されたマグロがずらりと並べられた。午前5時前、卸売業者の代表が「マグロは日本人にとって大変貴重な食材。今年も品質の良いマグロを極力安定供給するよう一生懸命頑張ります」とあいさつ。「手締め」の後、鐘の音を合図に競りが始まった。

 3年連続で最高値のマグロの購入者となった日本や香港ですし店「板前寿司」などを展開する飲食店チェーンオーナー、リッキー・チェンさん(42)は「大間のマグロは味も良く脂がのっている。最高値のマグロを買うことで日本と香港の経済にいいインパクトを与えたい」と笑顔。今回の購入分で約1000人分になるという。

 また、すし店「久兵衛」主人の今田洋輔さん(64)は「お客さまも食べてみたいという人がおり、購入できてホッとしている。さい先のいいスタートが切れた」と満足そうな表情を見せた。価格は検討中だが、3~4日で売り切る見込みだという。

 この日、築地市場では青果の初競りも行われたほか、全国の中央卸売市場で初競りが行われた。

【関連記事】
松方弘樹の特大マグロ、築地で450万円ナリ!
くいだおれ太郎、松葉ガニの初セリを見物 兵庫・香美
美味154万円、続きは築地で 那智勝浦でマグロ初競り
歳末・デパ地下激安戦 大阪・キタの百貨店、新年の食卓囲い込み
目指せ森のクロマグロ? 海水使わず養殖 岡山理科大

トナカイさん
まさきのブログ
クレジットカード現金化 比較
ショッピング枠現金化
モバイル ホームページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。